デトックスで花粉症改善
意外に知られていない、有害物質と花粉症の関係
当店で使用している『デトックスフットバス』のメーカーから、「このフットバスを利用している大阪のサロンで、花粉症が改善しているケースが続出している!」という、お話を頂戴しました。
当店でも「アトピー性皮膚炎」の方が改善しているケースがありますので、これを機に『有害物質と花粉症の関係』について調べてみました!
有害物質自身が花粉症の原因!?
防腐剤、着色料などの食品添加物や大気汚染などの有害物質花粉症対策として真っ先に挙げられるのが、『免疫力を上げる』こと
です。
花粉症やアレルギー体質の方は、免疫力が低くなっているのです。

免疫力が低くなっている原因として、食品添加物・大気汚染などに
よる≪有害物質≫が影響している
ことが、最近の研究で分かってきて
おります。

免疫を司るのは、『腸』です。そして有害物質が溜めこまれる場所も、『腸』となります。
つまり、有害物質が腸に溜まれば、腸自体の働きが悪くなり、免疫力低下を招きますし、毒素排出量の実に75%を占める“便”が、上手く排出されず、さらに有害物質が溜まるという
負のスパイラル>に陥ります。

さらに!大気汚染の物質や食品添加物のうち数種で、IgE抗体の産生に対する増強の作用があることが報告されています。
IgE抗体自体は、悪ものではありませんが、異常に産生されれば、花粉症の症状が出ることとなります。
アレルギー発症の風呂桶理論
体内に有害物質が多いと、花粉に対抗する抗体が早く溢れてしまい、アレルギー(花粉症)が発症する!体に花粉が溜まっていって、花粉が“満タン”になると
花粉症の症状が出る
」というような話しをよく聞きます。
実は、満タンになるのは花粉ではなく花粉を病原菌と勘違い
して作られる“抗体”です。

体が花粉に接触するたびに“抗体”が蓄積され、これが一定量
に達したときに花粉症が発症すると言われています。

家のお風呂を想像してみて下さい。
風呂底の掃除を怠っていると浴槽の底には、ゴミがいっぱい
溜まってしまいます。
これではゴミの分だけ、お湯の量は少なくなってしまいます。

この浴槽に溜まっているゴミが、日頃から取り入れてしまって
いる有害物質です!
このゴミをそのままにしておくと、やがて浴槽が一杯になり、
中身が溢れだして、花粉症などのアレルギー症が発症すること
になります。

有害物質を一刻も早く排出することが、花粉症対策の早道
となります。
薬で花粉症は治せない!
薬は毒!花粉症を治す為に薬の服用を行っている人が殆どだと思われますが、
薬は花粉症を治すものでは無い事をご存知ですか?

薬は症状を抑えるのではなく、「かゆみ物質」の放出抑制や無効化をして
いるだけで、「かゆみ物質」を減らしている訳では無いのです。
したがって、根本的な解決になっていません

しかも!薬は免疫力低下の原因ともなります。
つまり花粉症の一番の原因とされる、<免疫力の低下>を、花粉症の薬によって招いているという、まさに悪循環に陥っているわけです!

“薬”も化学物質である限り毒素だということを認識しておいてください。
その毒素を出す意味でもデトックスは必須です!

※因みに。。。

「アトピー性皮膚炎」の方は、有害物質自体がアレルゲンの場合が多いため、デトックスは必須と言っても過言ではありません。

実際、≪アトピー性皮膚炎専用サロン≫として、
当店と同じデトックスフットバスを使用しているところもあります。

当店でも、劇的に改善している方がおられます。

※但し、効果に関しては個人差がございます。

デトックスサービス Copyright (c) 2011 All Rights Reserved. 無断転載・転用・引用禁止