使用前後の水質化学分析結果

デトックスフットバスゴッドクリーナー』にて、変色した水質を米国の分析機関に分析依頼したところ、見事に重金属の排出(デトックス)の事実が判明しました。以下その分析結果を公開します。

ICP-MSによる水質化学分析結果(μg/㍑)

【調査結果に関するコメント】

有害ミネラル アルミニウム・ヒ素・水銀のデトックス効果が特異的です。
(逆に減少している有害ミネラルが 一部に見られるのは電気分解によりそれらの成分が電極に吸着されていることが予想されます)
必須ミネラル カルシウム・カリウム・マグネシウム等については使用前後で数値の変化はほとんど見られませんでした。
(この機器の使用により必要なミネラルまでも排出する恐れはないということも判明)

〔付記事項〕

  • ● 必須ミネラルの「亜鉛」が異常に排泄されているのは、過去大量に摂取されていて体内に蓄積されていたのが、代謝の改善により排出されたものと推測されます。
  • ● 「バリウム」が他の被験者にも全員検出されたように、過去病院の精密検査で飲まされて体内に蓄積されていたバリウムが体外に排出したことが予想されます。
  • ● 「その他約50種類弱のミネラル」についてはほとんど前後での変化は見られませんでした。

・測定機器:誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS)/パーキンエルマー社製AN6000
・委託測定機関名:遠赤外線応用研究会/米国分析機関
・測定日:2006. 2. 9