『ゴッドクリーナー』の酸化還元度は?

『ゴッドクリーナー』の酸化還元度は?

 

《酸化還元電位(ORP)計で計測すると》

「酸化」とは物質が酸素と結合することをいい、「還元」とは酸化物が酸素を失うことをいいます。
そして、それらの活性(活量)をあらわす尺度を「酸化還元電位」といい、mV(ミリボルト)という単位を使います。
プラスの値が大きいほど酸化(老化)力が大きく、マイナスの値が大きな値であるほど還元(老化防止)力が強く、活性水素量(マイナイスイオン)が豊富であるといわれます。

 


“GOD-CLEANER”の酸化還元電位とpH

 

 

・測定機器:TOA DKK製 ORP計HM-14K

・測定日:2006. 1. 17

・測定場所:大阪市中央区北浜

・原水:水道水を湯沸かし器で煮沸した湯+水道水

測定データより解ること

「人体の足を入れた状態」では、体内からの排出物が多ければ多いほど、酸化還元電位が高まり、

    -500~-600mVレベルの“超還元水になる。

但し、その場合においてもペーハー値は弱アルカリ性のままで変化
しない。

 

還元水とは、活性酸素を除去(老化防止・抗老化)する水のことです。